プロジェクト紹介

イオンタウンユーカリが丘 新築工事

東街区と西街区で別々に工事が行われた京成沿線最大級のショッピングセンター

PROJECT
04

HOME>プロジェクト紹介>イオンタウンユーカリが丘 新築工事

  • 平成27年5月18日 工事着手

  • 平成27年6月18日 仮設道路

  • 平成27年7月4日 杭打ち機3台稼動

  • 平成27年12月2日 鉄骨工事

  • 平成28年1月27日 粗方完成

  • 平成28年3月1日 次は外壁へ

イオンタウンユーカリが丘店最大の特徴は、道路を挟んで東街区と西街区の2棟に分かれていることです。建設工事ではJV(共同企業体)で他企業と工事を共にすることは多々ありますが、このように建物を区分けして建設するのは珍しく、その点でもこの現場は注目を集めていました。

ユーカリが丘は「家族の未来が見える街」をコンセプトに、デベロッパーが単独でまちづくりを行っています。そのためこれだけの大型商業施設を住宅街近くに配置できましたが、まち全体では商業施設と住宅街のバランスを図った住みやすい街並みが形成されています。イオンタウンユーカリが丘店は京成線沿いの大型商業施設の中でも最大級となり、駅からも徒歩10分圏内、駐車場にはおよそ2260台分の駐車スペースがあり、電車でも車でも利用しやすい施設になっています。


安全管理体制

工事に当たり安全面では、1日3回のパトロールを徹底しました。ユーカリが丘は他に比べて、規制が多いので、新規入場者に対する教育に注力し、労働災害やトラブルを起こさないことを常に意識しました。新規入場者教育には1回30分以上かけ、過去の事例を用いながら説明をしました。工事中盤には新入社員数名が現場に着任しました。当然いきなり現場を任せることはできませんが、教育しないことには一人前になりません。どんなに忙しい時であっても、新入社員にはしっかりとした教育を行いました。

工期後半になると、1日に300~500人もの協力業者の方が出入りし、総人数は竣工までにおよそ7万人にも上りました。施設全体の出入りした協力業者の方々も合わせると、携わった人々は15万人以上にもなるそうです。これだけの人数が携わった工事でしたが休業災害は0件を達成できました。この素晴らしい成績を残すことができたのは、安全管理を熟知されている協力業者の方々の力添えがあったからだと考えています。

東街区と西街区

サーキットモール

イオンタウンユーカリが丘店全体では、買い回りがしやすく疲労も感じにくいとされるサーキットモールという共通点がある一方で、東街区と西街区で其々店舗コンセプトは異なっています。

当社が施工した東街区は、正方形に近い四角形の外観で、内部は円形に店舗が並んでいます。各階の北側角には大きめの店舗が入っており、いずれも品揃えは充実している。ペットショップや家電量販店も入り、全体として便利な施設となっています。対する西街区では、東西に伸びる長方形の外観の、円形と楕円形を合わせた様な形で店舗が配置されています。店の数は東よりも多く、バラエティを求めるなら西側かもしれません。

弊社が施工面で特に力を入れたのは、エントランスホールのグレード、そして吹き抜け天井です。エントランスホールは、いわば建物の顔。特殊な通路を使わない限り、建物に入るのに必ず通る場所です。「入ってみたい」と思わせるエントランスを意識し、素材のグレードには一番こだわって準備しました。吹き抜け天井は、エントランスホールとエスカレーターホールの2か所あり、設計も現場所長自ら行うという徹底ぶり。豪華に仕上げつつコスト管理に注意し最善のものを提供しました。はた目には、一棟だけではわからないですが、隣の西街区に同じ建物がある状況だからこそ、当社のこだわりがいっそう生えるのではないでしょうか。

写真展の実施

工期中、近隣住民の方のある行動がきっかけとなり、施設内の一角でとび職人や現場上方を撮影した写真展が開催されました。工事が始まってから暫くしたある日、一組の老夫婦が「鉄骨を打つのはいつか」と尋ねてこられました。担当者が予定日を伝えると、後日その方が鉄骨を打った瞬間の写真を額に入れて持ってきて下さいました。実はこの老夫婦、施工中の写真を近くのマンションからずっと撮影していたそうで、これがきっかけとなり、ご夫婦との交流が始まり、写真展へと繋がりました。

写真展は3回に分けられ、働く人を様々な角度で写し取った写真が展示されました。1回目は「とび職人」、2回目は「巧みな技の職人」、3回目は「どんな人たちが建物を作ったのか」。最後は職人の写真を元に、漫画家の方に絵も書いて頂きました。

今回の工事では、完成までの間私たちは多くの人たちに期待されて待ち望まれている施工をしているのだと何度も実感する事が出来ました。直接言葉をかけて下さった方や、見守って下さった方々の期待にどう応えていくのか。イオンタウンユーカリが丘店は、良い意味でそれを考えさせてくれる現場だったように思います。

工事概要


工事名称 (仮称)イオンタウンユーカリが丘 新築工事(東街区)
所在地 千葉県佐倉市西ユーカリが丘
発注者 イオンタウン 株式会社
工期 平成27年5月20日 ~ 平成28年5月30日
構造 S造地上3階建(A街区新築工事)、S造地上5階建(立体駐車場棟)
延床面積 41196.51㎡
建築面積 14679.90㎡
敷地面積 30942.32㎡

ページの先頭へ戻る

Copyright© Shiohama Industry Corporation. All Rights Reserved.