プロジェクト紹介

道路改良工事(社会資本整備総合交付金)
神子トンネル(仮称)神子工区

常神半島の西側海岸線を走る県道216号線(常神三方線)の神子地区と小川地区を結ぶトンネルの建設

PROJECT
01

HOME>プロジェクト紹介>神子トンネル

若狭町常神から若狭町三方までの延長約25kmの県道になります。
そこは、連続する漁業集落と若狭町中心部を結ぶ重要な生活道路であり、そして若狭湾国定公園内の常神半島を縦貫する観光ルートでもありました。

しかし、本改良区間(神子~小川 L=約4km)は、リアス式海岸に特有な地形の山肌を縫うように走る線形不良区間で、その83%が幅員狭小となりました。

平成14年3月に小川地係では、法面崩壊による長期の通行止めが発生し、半島先端集落が孤立する状態になり、また平成23年5月30日にも神子地係においては、法面崩壊による通行止めが発生している事から、生活道路や観光道路としての安全で円滑な交通の確保が急務となっていたのです。

これらの対策として、神子トンネルの整備を中心とした道路改良事業を実施し、上記課題の解決に取り組んだ工事となりました。


新たな分野への挑戦

トンネルに関しては、通常の2車線道路トンネルにあたり、支保の重みや施工性を考慮して、トンネル計画高の頂点で工区分けを行った結果、神子工区483m(トンネル総延長889m)となりました。
工事の主な施工方法としては、NATM工法を用い、掘る作業《掘削作業》から保護する作業《支保作業》、そして掘った土砂を坑外へ運び出す作業《ズリ出し作業》を順次繰り返しました。

一連の流れの後に、覆工コンクリートの打設を行い、漏水やビビ割れ等の無い、均質的な弧を描いたコンクリートに仕上げました。
今回の工事では、施工サイクルの短縮や適切な工程管理を徹底して行った結果、9ヶ月もの工期短縮を達成することが出来ました。

地域密着から得られた信頼関係

工事に関して、日々管理し工程通りに進める事は大切ですが、それとは異なる近隣の方々への理解を深める事にも専念しました。
着工前の地元説明会は勿論のこと、地域の方々への現場説明会から、平成23年6月には、三方上中郡にある岬小学校の学生への現場見学会を実施、同年7月には、三方中学校岬分校の学生へも実施しました。
学生の皆さんにとっては、普段経験する事のないトンネル現場観察に、非常に興味を持ってもらえ、数日後に届いた御礼の寄せ書きには、私達工事担当者の非常に力となる言葉を頂きました。
多くの温かい言葉から、安全にまた1日でも早く工事完了を目指そうという気持ちに改めさせてもらえました。

また平成24年7月には、岬小学校の学生と一緒に、神子海水浴場の清掃整備の実施し、平成25年6月にも、海水付近の整備工事を行い、神子区長並びに観光組合長より感謝状を頂きました。
こういった地域密着からの信頼関係により、私達は工事を無事に完了させられたと感じています。

工事竣工を無事に迎えて

土木事業部 土木工事部 統括部長
橋本 末男

神子トンネルを施工するにあたってまず感じた事は、受注後の地元説明会を開催した際、このライフラインなるトンネルを「早期に完成してもらいたい!このトンネルが必要なんだ!」という地域の人達の気持ちをひしひしと痛感したのが始まりでした。
環境としては、坑口前には旅館、坑口横には小中学校が立ち並ぶ事から、地域の方々と一体となったトンネル施工が必要となり、私達職員は、

・小学生によるトンネル機械の写生大会
・小中学生によるトンネル見学会の開催、
地域の方々によるトンネル見学会の開催
・小中学校運動会の参加
・神子海水浴場清掃活動の参加及び整地
・現場工事ニュースの発行

等に努め、地域の方々との協力のもと工事を進める事が出来ました。

トンネル掘削においては、坑口部の地山が沢から流れ出た土砂が永年に亘り堆積された脆弱な地質であり、このままでは坑口付けが出来るようなものではなく、発注者の方々をはじめ、技術公社・コンサル・協力会社からの力添えを頂き、補助工法(小口径長尺先受け工・長尺鏡補強工)を併用して、坑口付けからトンネル掘削を問題無く貫通させました。

上記の通り、関係各位の協力を得てトンネル掘削をスムーズに行えた事が、工期の9ヶ月短縮に繋がり、無災害で竣工させる事が出来たと思います。
これもひとえに関係各位の協力の賜物と感謝致しております。

工事概要

工事名称 道路改良工事(社会資本整備総合交付金)
神子トンネル(仮称)神子工区
路線名 一般県道 常神三方線
所在地 福井県三方上中郡若狭町神子地先
発注者 福井県嶺南振興局 敦賀土木事務所
請負者 株式会社 塩浜工業,武田建設 株式会社,道路改良工事(社会資本整備総合交付金)
神子トンネル(仮称)神子工区特定建設工業共同企業体
工期  当初:平成23年12月19日 ~ 平成26年4月30日
変更:平成23年12月19日 ~ 平成25年7月31日
工事内容    ・トンネル延長 L=483m
・総幅員 9.25m
・車道幅員 5.5m・補助工法(一式)

ページの先頭へ戻る

Copyright© Shiohama Industry Corporation. All Rights Reserved.