Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

仕事の現場

土木事業本部

より良い人間関係を構築することが、
より良い建設構造物の構築・品質へ繋がる
  • 担当者:澤村賀行
  • 所属:土木事業本部
  • 役職:部長
  • 年齢:48歳
  • 学歴:大学院卒 工学部

2016年2月現在

土木事業本部概要
主な業務内容
  • 土木事業部の業務執行を指導・監督・管理する業務
  • 工事施工に関する実施計画(予算、品質・出来高、工程、安全)を検証する業務
  • 発注者・客先への対応及び折衝業務
  • 土木工事部の人員配置等の人事業務
  • 工事獲得のための見積・積算業務
  • 工事実行予算の編成・管理業務
  • 発注者・協力業者との請負契約や資機材の調達業務
  • 工事変更に伴う発注者及び協力業者との調整業務
  • 予算・品質・出来高・工程・安全の管理業務
  • 発注者・協力業者・近隣住民等との総合調整業務 等々

仕事の現場 土木事業本部でのエピソード


我々建設会社が、震災復興や2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへの対策を含め、インフラの維持・整備において果たすべき社会的役割は大きく、そしてその根源となる「現場」においては、風通しの良い迅速な運営が必要不可欠です。

しかし、厳しい受注競争に加えて、人材不足や資機材の高騰による調達困難、現場でのトラブルや災害といった想定にない失敗が時として起こります。また人為的な要因として無知・不注意・手順不順守・誤判断・検討不足・条件変化による失敗の可能性もあります。

そういった事例を【良い失敗とする】ために再発防止策を全員で議論して、犯人捜しではない「守れるルール」を確定することが重要です。また基本ルールに加えて「失敗するかも?」「どこで?」といった【未知】の要因を把握できるよう意識を持って現場運営に当たることも効果的です。

また、工事を企画し施工するのは全て人間であります。【より良い人間関係を構築】することが、現場の安全を築きより良い建設構造物の構築・品質へ繋がると考えます。加えて、対策や構築を実施するにも、タイミングを逃すとまったく意味をなしませんので、『時期を逃さず』実施することが重要となります。


土木事業本部のこれからの目標

現在、当社は順調に成長しており、土木事業部も、地元から全国へと事業を拡大させています。今後の高い目標設定と目標達成のためには、個々の成長はもちろん、その相乗効果で事業部の成長を押し上げていかなければなりません。
土木事業部は、塩浜工業という組織の中で、設立からまだまだ歴史の浅い部署です。しかし、事業部内の雰囲気は和気あいあいとし、個々が主張し易く一体感のある部署です。
一体感と一人一人の高い意識を結集させ、どんな高波も乗り越えていける船のように、社会の発展と未来に貢献していきます。