Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

シオハマで働く人達

最前線で活躍する先輩たちのメッセージ

お客様と現場に対して、
思いやりのある設計を

技術本部
黒田 奈緒
工学研究科 建築学専攻
入社2年

主な仕事内容
設計施工監理物件における設計監理、
各施工現場に対する技術的支援

2015年7月現在

現在の業務内容、仕事をする上で心がけていることは何ですか?

私が所属する技術本部では、主に設計施工監理物件における設計監理、各施工現場に対する技術的支援を行っています。
その中で私は現在、設計監理業務を担当し、自分達で設計した内容通りに、現場が動いているか確認し、また工事の進捗に必要となる行政上の手続き等を行っています。

普段仕事をする上で心がけていることは、実施設計を行う際、いかに現場に対して、思いやりのある設計ができるか、という事です。
実際に図面では収まって見える箇所でも、現場では収まらず、一時作業が止まるなどの問題がおきることもあります。
お客様の要望通りに設計することはもちろんですが、現場の状況を考えた設計を行うことで、より円滑に現場が進む様、手助け出来たらと思っています。

やりがいや難しさを感じるのはどんなところですか?

要望に応えるためにしっかりとした準備を

お客様や現場の方の要望に応える事が出来た時に、「次も期待に添えるように頑張ろう」と思います。
しかし、現場を経験したことが無いため、どうしても現場での納まりや、使用している用語など、初めて見聞きする内容があることがあります。
そのため、現場担当者やお客様を交えて会話するときに後れを取らない様、事前に内容について調べ、上司が話している内容から意図をくみ取る様心がけています。

入社当時と比べて“成長した”“変わった”と思うところはありますか?

日々新しい知識を吸収し、自分自身の成長を実感

私は以前から人見知りをしない方でしたが、興味がない事象・人物に対して、積極的に関わっていかない性格でした。
しかし今はどんなに小さな内容でも、話を聞き、初対面の方にも積極的に話しかける様になりました。
業務上、様々な方とお話する機会があり、大学では学べないような知識を得る事が出来ます。
そこで得た知識が実務に直結し、すぐにアウトプットすることが出来ているので、自身の成長を肌で感じ取ることが出来ています。

1日のスケジュール
08:20 出社
08:30 部内ミーティング
09:00 メール確認
関係企業及び現場へ工事の進捗状況確認
12:00 昼食
13:00 ・図面作成 (主に設計図、現場の状況次第で施工図も作成します。)
・客先への説明資料作成・対応業務 (契約時以降に起きた軽微な設計変更がある場合など。)
・役所、各公共団体との書類作成・対応業務
・その他
18:30 帰社
私が塩浜工業を志望した理由

大学の就活センターで企業紹介して頂き、技術職志望の女性を今後積極的に採用していきたいという話を受けたのがきっかけです。

面接時に今後どのように女性技術者の活動内容を決めていくか、会社側が一緒に考えてくれる姿勢を感じ、他社には無い魅力だと思い、入社を決意しました。

  • 学生の皆さんへ、ここがシオハマの “イイところ”

    福利厚生がしっかりしているところですね。
    私の地元が北海道なのですが、実家までの帰省にかかる費用を全額負担してもらっています。
    また、帰省費は独身者であれば年4回、単身者であれば月1回申請できるので、地方に拠点を構え全国展開をしているゼネコンですが、県外出身者に対して、とても配慮がされているなと感じています。

  • 休日の過ごし方

    県外へ遊びに行くことが多いです。
    本社のある敦賀から車で大阪方面へ2時間、名古屋へ1時間30分、金沢へ1時間30分程度で行くことが出来るので、日帰りで様々な場所へ行きます。