Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

シオハマで働く人達

最前線で活躍する先輩たちのメッセージ

スピードと精度の両立

事務総合部 総務部
渡辺 祐樹
法学部法学科
入社2年

主な仕事内容
新卒採用と総務業務

2016年5月現在

現在の業務内容を具体的に教えてください。

現在は、新卒採用業務として説明会の対応や大学訪問などを行っています。また総務業務として、労災保険の手続きや電話・インターネット関連の工事の手配、リース品の発注などを行っています。

仕事をする上で心がけていることは何ですか?

渡辺祐樹

総務の仕事は、突発的に発生する事態に迅速に対応しなければならないことも多いので、スピードと精度の両方を意識しながら取り組んでいます。

やりがいを感じるのはどんなときですか? 逆に難しさを感じるのはどんなところですか?

渡辺祐樹

総務の仕事は、縁の下の力持ち的な位置づけであり、自分たちの仕事が日の目を見ることは少ないですが、現場から感謝の言葉をもらえたときには、自分がやってきたことが報われたのだとうれしい気持ちになります。
難しい部分は、採用業務についてです。採用業務は、現場業務を円滑に進めていく上でとても大事な仕事ですが、すぐに結果に結びつかないこともあり、現場の要望に応えたいという気持ちとの間で、葛藤することもあります。

入社当時と比べて“成長した”“変わった”と思うところはありますか?

元々、建設業の知識が全くない中での転職でしたが、採用業務を通じて建築に関する用語などを学び、少しずつではありますが、建設業というものが分かり始めているような気がします。
今では、町を歩いていて工事現場を見かけると、どこの会社か、どれくらいの規模なのかなどをつい確かめてしまいます。

社内の雰囲気は?

部署間の仕切りが無いので雰囲気は良いと思います。
部署内でも、冗談を言い合ったりすることもあり、仕事一辺倒ではないので、
明るい雰囲気の中で仕事ができていると思います。

1日のスケジュール
08:20 出勤、ラジオ体操、朝礼
09:00 メール確認、書類作成、保険手続など事務作業
12:00 昼休憩
13:00 午前の業務の継続、会社説明会(定期的に開催)
17:00 会議(週1)
18:00 退社
私が塩浜工業を志望した理由

縁の下の力持ちとして周囲を支えられる総務業務、中でも会社の根幹にも関わる人事系の業務に興味を持っていました。就職活動をしていく中で説明を受け、総務業務に加え、その仕事が後世に残る建設業にも魅力を感じ、入社を決めました。

  • 学生の皆さんへ、ここがシオハマの “イイところ”

    私が勤務している東京本部は、1フロアに全部門が集約されています。部署間の仕切り壁なども無いため、風通しのよさを感じます。特に私のいる総務部は、他部署と連絡を取り合って行動しなければいけないことも多いので、とても良い雰囲気であると感じています。

  • 休日の過ごし方

    家にいるのはあまり好きではないので、どこかに出かけるようにはしています。
    春から秋にかけては、オクトーバーフェストという、国内で行われるドイツビールのイベントに参加し、
    おいしいビールと食事を楽しむのがマイブームです。