Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

Menu

株式会社塩浜工業 採用サイト

シオハマで働く人達

最前線で活躍する先輩たちのメッセージ

調整がスムーズに
進んだときの充実感

建築事業部 建築工事部
木村 友亮
建築学科
入社2年

主な仕事内容
建築施工管理

2017年2月現在

社内の雰囲気を教えてください。

入社してから2箇所目の現場になりますが、共通して感じるのは、わからないことがあったときにも、質問しやすい環境はあったと思います。
また、現場所長によってスタンスが異なるため、様々な物の見方を学ぶことができています。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

建築現場は、1つの現場が1つの会社と言われることもあるように、責任の大きさを感じています。 その中で、自分たちが行ってきた仕事が、建物の完成という、形として表れることに、大きな喜びを感じられます。
建築工事は、元請側である弊社だけでは進めることができず、様々な分野の協力業者の皆様のお力をお借りすることになります。1日平均10~15社、ピーク時には30社近い業者様が作業を行います。 工事を効率的に進めるために、業者様が現場に入られる前の書類準備や打ち合わせが必要になるほか、作業時間が重複しないように、時間や、時には作業日を調整することも必要になります。それらの作業工程の調整がスムーズに進んだときには、充実感を得られます。

仕事をしていて、きついと感じるときはありますか?

協力業者様の数が多い時期に、作業の段取りがうまくできなかったときです。
段取りがうまく行かないと、全体の工期を遅らせることにもつながってしまうため、自分の動き方次第で全体に影響を及ぼしてしまうのだということを痛感しました。

私が塩浜工業を志望した理由

会社が急成長を続けていること、それに伴って、新卒採用に力を入れている会社だと感じたからです。
実際に私の同期も人数が多く、会社としての成長の可能性を感じました。
また、最終面接時に、役員の方のオーラを感じたことも大きかったと思います。

  • 今後の目標

    もうすぐ3年目に入るので、自分も色々なことを学ぶと同時に、後輩たちにも教えていけるようになりたいと思います。