社員紹介

INTERVIEW

仕事は自分が引き受けた以上は「自分でやる」と決めて、すぐ取りかかり、できるまで責任を持って取り組むということを意識しています。

森田 大智

所属:管理本部 経営管理部 経営管理課
出身:理工学研究科 物質生命工学専攻
勤続:入社4年目

現在の業務内容

私は現在、主に各種経営会議資料の作成・管理及び作成に必要な情報を各店・各部署から収集するという業務を担当しています。
収集したデータの整合が取れているかを確認し、とりまとめたデータを分かりやすい表やグラフに反映します。多種多様な資料作成を通じて会社の現状を把握、整理し瞬時に良し悪しを判断できる助けになれればと考えます。
上記業務を担当するには、会社の経営方針や将来予測、その動向を常に最新の状態で把握していくことが不可欠です。その為、社内の各重要会議に参加させて頂いています。

仕事をする上で心がけていること

“実行力”を心がけて取り組んでいます。仕事は自分が引き受けた以上は「自分でやる」と決めて、すぐ取りかかり、できるまで責任を持って取り組むということを意識しています。
また社長に近い部署でもある為、社長から直接仕事の指示があることも多々あります。速度と精度が求められるので、日々計画して行動するように努めています。
社外に提出しているデータをまとめた書類等もあるので、作成を担っている資料は、確認を怠ることなく細心の注意を払います。

やりがいや難しさを感じるところ

会社の経営ビジョンを具現化することを通じて将来予測の最先端に携われるところにプレッシャーも大きいですがやりがいを感じます。 難しさを感じるのは、課内の若手メンバーの比率が高く、キャリアや経験、知識の浅さから更なる業務の充足と確立が上手く図れてない部分があるということです。
故に仕事を進めていく際に必要な知識やスキルを更に磨き、計画的に高めていかなければならないと感じます。

入社当時と比べて“成長した”“変わった”と思うところ

あらゆる状況を考慮して良いやり方(システム)を確立できるように意識して取り組む姿勢が身についてきたと思います。入社当初は、色々な要因がありましたが、自分の能力不足や全体像を把握してないこともあって、遅くまで仕事をしていた事も多々ありました。
今は以前よりも現在の業務を大局的に捉え、スケジュールに沿って仕事を効率的に進めることができるようになり、また様々な事に対して、柔軟に対応できるようになったと感じます。

塩浜工業を志望した理由

着実に成長を続けていて、共に自分自身も成長していける環境に魅力を感じました。鋼構造に強みを持っており独自で確かな技術力を持っている所にも興味を持ちました。
また、学生時代に大切な友人を交通事故で亡くした時に、命について考える機会がありました。その中で人の命を守り、暮らしを豊かにすることができる業界に興味を持ったのも一因です。

SCHEDULE OF THE DAY一日のスケジュール

08:30
朝の打ち合わせ(部内ミーティング)
09:30
社内会議設営等の準備
10:30
社内会議
12:00
昼休み
13:00
依頼された新資料の作成
15:00
会議後に行うデータの定期的更新
18:30
帰宅

学生の皆さんへ シオハマの“イイところ”

凄く人間関係に恵まれていると感じます。皆さん親切で色々助け合いながら連携して仕事に取り組めていると感じます。
どの部署もそうだと思いますが、自分の場合も、仕事をする上で他部署の方の協力がないと業務が進まない場面が多いです。協力依頼をする際、迷惑をかけることも多いですが、快く引き受けて貰えるのでいつも助かります。

休日の過ごし方

オンオフの切り替えをしっかりと行い、有意義に休日を過ごすように努めています。
職種柄デスクワークメインで慢性的な運動不足を解消する為、テニスやランニング、ゴルフ等スポーツも定期的に行っています。

INTERVIEW
ゼロから、未来をつくる。