シオハマの現在と未来

PRESENTシオハマの現在

「鉄のシオハマ」の名にふさわしい先進技術で大型構造物を施工

鍛冶屋からスタートし、得意とする鉄骨を皮切りに原子力ビジネスに参入、原子力に関するノウハウは他の建設会社にない強みです。今では福井だけでなく、東北、四国、九州まで全国展開しています。
また、そこで勝ち得た実績・信頼をもとに当時の元請だった大手ゼネコンより都市開発(デッキ、免震、耐震諸々)を任されています。
それらの特殊鋼造技術で培った「免震、制震、耐震」技術は建築事業や土木事業にも生かされています。

2018年度用途別 売上高 構成比率

施工事例マップ

土木の施工事例マップは準備中です。

特殊鋼造の施工事例マップは準備中です。

FUTURE塩浜の未来

3本の矢たる事業構造を維持し、新たな拠点を展開し、
さらなる飛躍を目指す。

原子力関連工事をスタートとし、特殊鋼造・建築・土木の3本柱をバランスよく受注することで、大きく事業を延ばしてきました。現在、福井県敦賀市の本社ほか6支店を構えていますが、H30以降、原子力発電所再稼働の動きのある北海道、九州博多に営業所を展開していく計画もあります。
女性の活躍にも目を向けており、女性が働きやすい職場を独自で考え、問題を解決していこうと本社と東京に「塩浜女性会」という会を設けました。

ゼロから、未来をつくる。