事業紹介

土木事業

災害にも強い都市機能の充実や、施工の安全をはかる技術を積極的に導入しています。

土木事業の主なプロジェクト

土木事業のポイント

01POINT

メタルロード工法

急傾斜地の道路拡幅工事に

圧延H型鋼を使った立体ラーメンプレハブ桟道橋とも呼ばれる工法で、海岸沿いや山間部など、狭小で急な傾斜地での道路拡幅工事などに適しています。支持層に固定した杭と、床に直角に結合させた桁とで、高い耐荷性を発揮します。また掘削や埋戻しが少ないため、自然の地形や生態環境に対する影響が最小限で済む、などの利点があります。

メタルロード工法
02POINT

砂防ソイルセメント工法(INSEM工法)

崩落した土砂を再利用

豪雨などで流れ出て堆積した土砂を選別したうえ、セメントを混ぜることでINSEM材に加工して再利用できるようにする工法です。このINSEM材は、中詰材として、鋼製矢板でできた上流壁面と、エキスパンドメタルからなる下流壁面のダブル壁面の間に使われます。強度もあり、重力式コンクリート堰提と同等の強度を実現します。

砂防ソイルセメント工法(INSEM工法)
03POINT

耐震補強

土木構造物を鋼材で補強

鉄道構造物はとりわけ高い耐震性能が求められる施設です。耐震補強工法はトンネルや地下鉄高架橋、橋梁などの柱や壁に鋼材を配置して、耐震性能を高める補強工法です。周囲に支障物がある場合や狭い箇所でも施工できるうえ、強度や経済性にも優れています。

耐震補強
  • 特殊鋼造事業

    「鉄のシオハマ」の名にふさわしい先進技術で大型構造物を施工します。

  • 建築事業

    高度な技術とノウハウに裏打ちされた対応力で、確実な施工を行います。

  • 土木事業

    自然と共生でき、持続的成長が可能となる安全安心な社会基盤を築きます。